Staff先輩紹介

造園工事阪下

現在の仕事内容

主に現場での施工管理となります。施工管理とは現場内で作業員の方々が作業をしていく中で安全に作業を行える環境か、不安 全な行動をとっていないかなど現場内で事故が起こらないようリスクマネジメントを行う「安全管理」、現場で使用する材料の 規格が適切なものか、施工の仕上げはお客様に求められている良いものができているかの確認を行っていく「品質管理」、現場 の作業にかかる日数を考え、どのように進めていけば効率よく現場を仕上げれるか、また実際に作業が進んでいく中で予定通り に作業が進んでいるか、進んでいない場合どのような対策をとって現場の工期までに仕上げるかを考えていく「工程管理」など です。「現場監督」と呼ばれる立場の仕事になるわけですが、現場の1つのチームの中でみんなが安全により良いものをつくっ ていけるように指示をしていく責任感のある役割を担います。

仕事上でのやりがい、喜び、苦労など

現場の規模は大小様々で大型のショッピングモールやマンションの植栽などの仕事から街中の歩道の脇の小さな植栽帯への植栽 やベンチを少し置いたりなどですが、自分が携わったどんな現場でも普段自分たちが目にする場所や利用する公共の施設、公園 、道路などに自分が携わってできたものがあるというのは誇りと喜びを感じます。また、建築物や土木構造物などと違い植物と いう生きているものを扱うので木や花を植えてから数年経過した後の成長を見たり、何十年先の姿を想像したりするのは楽しく 感じます。

ただ、生き物なので施工してから枯れないようにメンテナンスをしても枯れてしまうこともあるのでどうすれば元気に育って いくか、なぜ枯れてしまうかを考えたりするために知識をつけていくのに苦労します。

環境、社風など会社(社内)
の雰囲気について

造園会社の中では社員数が多く若い人も多い会社だと思います。また若い女性社員が現場で活躍しているのも造園会社としては 珍しいと思います。会社の中ではグループやチームに分かれていて仕事で困ったことがあれば、すぐにグループやチーム内で助 け合っています。もちろん他グループの先輩や上司などにも困ったことがあれば質問などがしやすく、アットホームな雰囲気で 働きやすい環境だと思います。

入社後の研修、教育制度につ
いて

入社後は、まず外部の研修会に参加して社会人としてのマ ナーや基礎などをしっかりと学ぶことができます。その後 は各グループのそれぞれの先輩、上司と一緒に現場やお客 様との商談の場などに同行し技術や仕事の流れをしっかり と学んでいきます。

半年ほどの研修期間を経て各グループへ配属されます。 この研修期間は会社のすべてのグループの仕事内容をみて 学べるので自分がこの会社でやりたいとおもうことをしっ かりと確認できる期間だと思います。グループ配属後は、 いよいよ仕事を任されていきます。1人で現場などに出るよ うになった後もやはり最初は分からないことばかりですが、 先輩や上司がしっかりフォローしてくれます。社内でも定 期的に全員参加の研修、中堅社員・若手社員のみの研修が 行われており、研修内容も充実したものであると思います。

仕事上での今後の抱負

私も入社して2年でまだまだ学ぶことが多いです。仕事の 幅も広く中々完璧に仕事をこなすのは難しいですが経験を どんどん積んでいき新入社員のみなさんが入社されたとき、 しっかりと仕事の知識や経験などを伝えていけるよう努め ていきます。

STAFF

先輩紹介

花と緑で快適空間を創造する会社です。
花が好きで、みどりが好きで、そんな仕事をしたい、きれいなまちなみをつくりたい、住みよい環境をつくりたい、
とにかく『ものづくり』を通じてお客様に喜んでいただける仕事をしたい、そんな方を求めています。